ヤクルトスタッフ日記

YS
2019年4月2日 (火)

 こんにちは!沼田サービスセンターの鈴木百恵です。ヤクルトに入社して2年半です。

Q1:新人時代に大変だったこと・気をつけていたことは何ですか?
 挨拶訪問は緊張の毎日でしたが、お客様に覚えていただきたくて明るく元気に笑顔でお伺いしていました。
 独り立ちしてからは地図を覚えるのが大変で休日にエリアを回る練習をしました。お客様のお名前、顔、話した内容などは同行させていただいた先輩からとにかくメモを取る事とアドバイスをいただき、とても役に立ちました。

Q2:特に印象に残っているお客様とのエピソードを教えて下さい!
 お客様から「社会人のお孫さんが胃腸の調子が悪く、具合が悪いが口癖で良く風邪を引きます。」とお聞きしたので、ヤクルト400LTとBF-1のダブル飲用をご紹介しました。お飲みいただくようになって3ヶ月くらい経ったある日、「最近、胃腸の調子がいいみたいで風邪も引かないし朝食もろくに食べない子がこの2つだけは必ず飲んで行くんだから効いているのかも。教えてもらえて本当に良かったわ。」とのお言葉をいただきました。少しでもお役に立てたことが嬉しく、やりがいを感じた瞬間でした。

Q3:現在のお届けで心がけていること・工夫・毎日のやりがいはなんですか?
 挨拶、笑顔、言葉遣い、感謝の気持ち、基本的なことは怠らないように気をつけています。「体調などお変わりございませんか?」と一声かけ、そのときのお客様の様子で対話の時間も考えるようにしています。高齢のお客様には健康情報のチラシなどは読んで聞いてもらうようにしています。

Q4:これからの目標・取り組みたい事・頑張りたい事は何ですか?
 既存のお客様にはずっと元気でいていただきヤクルトを飲んでよかったと思っていただけるように、またヤクルトの価値をお伝えできていない方もまだ地域にいらっしゃるので、1人でも多くの方にヤクルトを飲んでみたいと思っていただけるような活動をしていきたいと思います。
 全てのお客様にヤクルトさんでなく、「鈴木さん」と呼んでいただけるような関係づくりをすることが今後の目標です!

Q5:独り立ちをして3ヶ月の新人さんへ・・・先輩からのアドバイスをお願いします!
 日々のお届け、活動の中で自分の体調や気分、子どもの体調不良などで仕事に気持ちが入らない時や、この仕事は向いていないかもなんて思う時もあると思います。でもそんな時こそ、お客様のところに行ってみてください。お客様に元気を貰い、助けられることも多々あります。悔しい事や悩み事があったらマネージャーや先輩たちに話してみてください。アドバイスをいただき、時には悩んでいたのが嘘みたいに笑いに変えてくれます。一緒に頑張っていきましょう!