ヤクルトスタッフ日記

YS
2019年5月29日 (水)

 こんにちは!問屋町サービスセンターの新井 紗緒里です。ヤクルトでお仕事を始めて3年になります。

Q1:新人時代に《大変だったこと・気をつけていたこと》は何ですか?
 最初、挨拶で訪問しているときは、緊張して会話がうまく繋げられず大変でした。今ではお客様との会話が楽しく毎週お会いするのが楽しみです。
 気をつけていることは「時間を必ず守ることと、メモを必ず取ることです。また、職場のお客様のところにはお仕事中にお伺いするので、周りの方ご迷惑にならないように声のトーン、商品やお釣りの受け渡しには気をつけています。

Q2:特に印象に残っている《お客様との嬉しいエピソード》を教えてください!
 職場のお客様で10年以上ヤクルトを愛飲してくれている方がいます。毎週欠かさずお客様とご主人の2人分をお届けさせていただいているのですが、「風邪もインフルエンザも数年引いていないわ。ヤクルトのおかげだね。」と言ってくださいました。
 「お子さんは元気?」と私のことにも気にかけていただき、逆に元気をもらっています。

Q3:現在のお届けで《心掛けていること・工夫・毎日のやりがい》はなんですか?
 毎回お客様に体調は大丈夫ですか?と声をかけています。また、新しい商品や健康情報は必ず全員のお客様にお伝えし、時にはそこから話題が広がることもあります。
 なかなか会えないお客様には、チラシの内容や今流行っている病気等の情報を記載したお手紙もお届けしています。

Q4:これからの目標・取り組みたいこと・頑張りたいことは何ですか?
 これからの目標は、化粧品も扱いができるスタッフになることで、もっとお客様に寄り添えるよう成長することです。お届けしているお客様だけでなく、多くの方から気軽に声をかけていただくような、地域の顔であり、安心していただけるような存在になりたいです。

Q5:独り立ちをして3ヶ月の新人YSさんへ・・・先輩からのアドバイスをお願いします!
 私がこの仕事をして感じていることは、慣れるまで大変だったことです。そんな中、お客様が道や仕事に慣れた?などと声をかけていただき逆に心配していただきました。最初は、お客様と何を話せば良いか不安でしたが、お届けに伺うにつれて、家族や趣味の話等、お客様の方から話してくださることが増えました。
 大変なこともありますが、その分得られる嬉しい経験も沢山できます。サービスセンターにも頼りになる先輩やマネージャーがいます。是非相談してみてください。悩みなんてすぐ解決です。団結力が強いヤクルトスタッフばかりです。一緒に頑張りましょう!